Home • スマホで時刻を確認する時代にこそ!あえて機械式時計を選んでみては?

スマホで時刻を確認する時代にこそ!あえて機械式時計を選んでみては?

 - 

そもそも機械式時計って?

スマホだって目覚まし時計だって機械なのですが、ここで言う機械式時計とは手巻き時計(主に腕時計・懐中時計など)と、自動巻き時計(主に腕時計。オートマチックとも呼ばれる)のことを指します。ただし、腕時計といってもテレビでCMをしているような時計は、クォーツと呼ばれる電池式のデジタル時計で、機械式時計とは異なるものです。機械式時計とはゼンマイ(発条・バネ)や歯車などを組み合わせて、電池や電気を使わずに動いているアナログ時計のことです。

機械式時計のメリット・デメリット

ただ時刻を知るだけならばクォーツでもスマホでも良いと思います。正確さという点では機械式時計がクォーツや電波時計などに及ばないのは事実でしょう。また、ゼンマイや歯車は動き続けている内に摩耗や劣化をするのが当たり前ですから、定期的にメンテナンスをして部品交換をして貰う必要も生じます。ところが一方で、そうした特に摩耗しやすい部品のメンテナンスさえ行っていれば、機械式時計はデジタル時計より寿命が長くなり、父から子へ、子から孫へ、と受け継がれることも不可能ではないのです。そして、手作業で生産される部分のある機械式時計は、現代では工芸品としての価値を有するようになったのです。

趣味としての機械式時計

肖像画や風景画が写真に取って代わられたように、機械式のアナログ時計はデジタル時計に置き換わってしまいました。ですが、絵画が現代においても価値を失ってはいないように、機械式時計もまた芸術品としての側面を強くしながら存在し続けています。ものづくりが近年になって見直されて伝統工芸と呼ばれているように、実用性を兼ねながら注ぎ込まれた技術と培われた歴史を感じさせてくれる機械式時計を、人生の供として手にされてみては如何でしょうか?

グランドセイコーは、社会人の男性に圧倒的に人気があり、機能性やデザイン性の高さが大きな魅力といえます。