Home • 調子が悪くなる前に、知って起きたい機械時計の扱い方

調子が悪くなる前に、知って起きたい機械時計の扱い方

 - 

機械時計には手入れが必ず必要です。

微小な歯車やゼンマイを幾重にも組み合わせることで、機械式時計のムーブメントは出来上がっています。ムーブメントは大変デリケートです。少しの不具合で機能を失ってしまうことがあります。そのため機械式時計は数年に1度はオーバーホールに出して内部のケアを行わなければなりません。部品の摩耗が始まってしまうと、時計によっては交換部品を手に入れることが大変です。オーバーホールの時期は使い方によっても変わってきますが、時計は使っていなくても部品が劣化していきます。前回のオーバーホールから3年以上経っている場合には、時間の遅れやゼンマイの巻具合など、少しでも違和感を感じたら修理に出すようにしましょう。

手を入れていない機械式時計に起きやすいトラブル

手入れをしていない機械時計は次のような故障を起こしやすいです。劣化した油で歯車が回っていた場合には、歯車が摩耗してしまい、時間の遅れなどの症状で現れることがあります。機械式時計のゼンマイが金属疲労で壊れてしまったときにも、時間が遅れる、時計が動かないといった症状が現れやすいです。時計は身につけるものなので、どうしても皮脂や汗が付着してしまいます。それらがリューズ周辺で錆を起こしてしまうことが少なくありません。この汗などの水分が中に入らないようにしている部品がパッキンですが、この部品は劣化が早く、数年でボロボロになってしまうことも珍しくありません。このような状態を避けるためにもオーバーオールは定期的に必要なのです。

自分でできる機械式時計の手入れと扱い方

時計の状態を長持ちさせるためには、オーバーホールをするだけでなく、普段からどのような扱い方をしているかがとても大事な要素です。自分でできる手入れの方法としては時計を汚さず、余分な衝撃を与えないことが大切です。水分には気を付けて汚れは小まめに柔らかい布でふき取りましょう。とくにリューズ周りは綺麗にしておかなければなりません。ムーブメントに負担をかけないように時計を置く際にはリューズを上向きに置く、ゼンマイを保護するために急激にを巻き上げないといった、機械時計の繊細さを理解した扱いも必要です。また、時計は毎日使っていることで内部の機械油が部品となじみ、スムーズに動くようになります。滑らかに動くことで故障も少なくなり、時計に異常があった際にも発見しやすくなります。

ウブロの機械式腕時計は、自動的に巻かれるタイプと手動の2種類に分けられます。自動巻は文字盤にオートマチックと記載されているため、簡単に見分けられます。